有酸素運動と無酸素運動は交互にすると脂肪燃焼効果が上がる!

有酸素運動と無酸素運動。
この二つを交互に繰り返す「サーキットトレーニング」が、脂肪燃焼効果が高いとして、現在注目を集めています。
今回は、それぞれの運動による効果の違いと、交互に繰り返すことによる効果について調べてみました。

●【脂肪が燃えやすいのは有酸素運動?それとも無酸素運動?】
有酸素運動と無酸素運動には、それぞれ異なる効果があります。
・有酸素運動
弱い力が筋肉にかかる運動となり、体脂肪を燃焼したものがエネルギーとして使用されます。
水泳やウォーキングなどが有酸素運動であるといわれており、体脂肪を燃やすことができます、
・無酸素運動
強い力が筋肉にかかる運動となり、筋肉にある糖質がエネルギーとして使用されます。
筋トレなどが無酸素運動であるといわれており、基礎代謝を上げることができます。

以上のことから、「脂肪が燃えやすいのは、有酸素運動である」といえます。
そして、一般的には、この有酸素運動を「20分以上」行うことで、脂肪を燃焼する効果が期待できるといわれています。

●【綺麗に痩せる秘訣は無酸素運動にあった!】
脂肪が燃えやすいのは有酸素運動ですが、綺麗に痩せるためには無酸素運動も欠かせません。
無酸素運動を行うことにより筋肉がつくと、体が引き締まって見えます。
また無酸素運動を行うことにより、基礎代謝量を上げることができるとされています。

無酸素運動をすることにより筋肉がつけば代謝が上がるため、有酸素運動をしたときの効果も上がるとされています。

サーキットトレーニングの場合は、短い時間で交互に有酸素運動と無酸素運動を行います。
交互に行う場合は、インターバルを取らずに持続して行うことが基本となっているようです。
それにより、筋力だけでなく、持久力を上げることができる、といわれています。

サーキットトレーニングは、内容を工夫することにより自宅でも簡単に行うことが出来ます。
また無酸素運動で筋肉にたまった乳酸を、有酸素運動をすることによりエネルギーに変えることができるため、疲れにくいとされています。
そして、1セットあたりの時間が短いことから、忙しいかたにもぴったりなダイエット方法だといわれています。

●【まとめ】
有酸素運動と無酸素運動は、運動の内容も効果も大きく異なるようです。
そして、どちらかだけ行うよりも、交互に組み合わせたほうがダイエットの効果を早く実感できるようですね。
これから運動によるダイエットをお考えのかたは、サーキットトレーニングを生活に取り入れることで、健康的なダイエットを目指してみてはいかがでしょう!薄毛

有酸素運動と無酸素運動は交互にすると脂肪燃焼効果が上がる!